--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-11

ワークビザ

「ワークビザサポートします」
NZダイスキ掲示板の求人求職欄でよく見かける。 
多くの応募者を得たいが為に載せているのは
重々理解しているつもりだが、仕事内容がキッチンハンドや
ウエイトレスで「ビザサポートします」というのは
ビザ申請時に虚偽の契約&申請内容に書き換えない限り
到底無理なことで、もちろんそれをしたら犯罪行為だ。

そしてこの「サポート」の意味についても
雇用主と雇用者の間で大いに違うケースが多々あり、
ビザサポートを期待してせっせと働いてる雇用者と
後々もめないのかなぁと妙に気になる。

現在ワーホリは1雇用主の元で1年働ける事になった。
これまでは3ヶ月しか働くことができなかったし、
3ヶ月というのはNZで言えばいわゆる「トレーニング期間」。
雇用者側からしてみたら、これまでは
やっと仕事に慣れたところで辞めていかれ・・トホホ・の
繰り返しだったから、この変更は大いに喜んだだろう。

 
雇用者にとっても長く働けば雇用主との間に信頼関係も
生まれ、昇給し、上手くいけばワークビザのサポートまで
こぎつけると期待するはずだ。 
だが、与えられたポジションが他の誰でもほんのちょっと
経験すればできるような仕事であれば、ビザは下りないと
覚悟しておいたほうが無難。 
うちはしっかりビザのサポートするけど、
このポジションだったらどうしても到底無理だよね~なんて
バカ正直に言う雇用主さんなんているはずはない・・・

あ、うちのイケメンボスは確か昔うちで
一時期働いてた子に言ってたっけか。

ま、それはさておき、何故か雇用者の多くは
サポート=ビザがもらえると思い込んでる。 
だから後で騙された~だの、聞いていない~だの
ワーワー言い出すのだ。

雇用主にとってみたらビザが下りれば万々歳、
下りなかったら他のワーホリさん雇ってまた1年
働いてもらえばいいんだし、と
どっちに転んでも痛くも痒くもない状況にしておける。

チョット考えてみたら当たり前のことだが、
いくら雇用主がビザをサポートしたって
ビザの審査をして発給するのは移民局なのだ。 
だから雇用主に「サポートしてくれます?」って聞く前に
移民局のサイトで自分のこれまでの経験で得たスキルや
資格がNZで不足しているものであるかどうかを
調べるべきであり、もし特別なスキルを持たなければ、
NZの専門学校へ行くなどしてスキルをつけてから
そのスキルを生かせて、且つビザサポートしてくれる職場を
探すべきなのではないのか?とおもう。

現在法律であらゆるビザに関するアドバイスは
限定された人しかできなくなった。
その代わり、移民局ではサイト上で
オペレーションマニュアルという、
ビザが欲しい人の悩みや疑問を解決できるマニュアルを
一般公開している。

リセッションで移民局のスタッフ削減もしているのだろう、
日を追う毎に移民局のサイトはより見やすく
細かな内容になってきている。 
だからこそワークビザや永住権を求める人達は
移民局のサイトを有効活用し、サイトのトップページにある
最新ニュースを常に読むべきなのだ。 

とりわけビザに関してはごく頻繁にポリシーが変わる。 
みんなワークワークといっているので私もワークビザと
これまで書いてはいるが、ワークビザは多種類化し、
今まで一般にワークビザといわれてたのは
エッセンシャルスキルドポリシーという名前に
いつの頃からか変わっている。 

10数年前は経験も無いワーホリ君が
どこかの鉄板焼きレストランで焼き物担当してただけで
簡単に永住権が取れちゃってたけど、
多分今後金輪際そんなことはありえない。 
だがこういった昔のビザの情報をどこからつかんできたのか、
全くスキルも何も持たないくせに、
「今私は日本にいて、NZへの永住を希望しています。
経験は無いですが一生懸命働きますのでビザのサポートを
してくれないでしょうか?」と
メールでジャパレスに聞いてくる人がたまにいるんだそうだ。
スポンサーサイト

2010-07-25

大きな課題

今月5日、大手留学会社「サクシーオ」が倒産した。
「ゲートウエイ」が倒産してから2年しか経っていない。

サクシーオはゲートウエイの元社員が独立した会社。
某ネットの掲示板ではずっと前から
「やり方がゲートウエイと同じだから危ない」
「絶対倒産する」と
書き込みがされていた。
担当カウンセラーも次々に辞めていくという。

今思えばどうしてそんな会社の
現地会員サポートを引き受けたのか
悔しさだけが残る。

しかも引き受けてから2ヶ月足らず、
サクシーオから一銭たりとも
支払われることの無いまま終わった。
立替金の回収は絶望的だ。

そんな中、
倒産した日の前日にオークランドに
到着した生活サポート会員さんがいた。
彼女はホームスティはうちで8週間手配、
学校はサクシーオが直接入学手続きをしていた。

彼女には、倒産したものの、
ホームスティも予定通り住めるし、
生活サポートもしっかりやるから安心してと
伝えたのだが、その翌日の朝彼女から電話があり、

「学校に今朝行ったら授業料が支払われてないというんです
私どうしたらいいですか?」

・・・頭の中が真っ白になった。

とりあえず、学校のスタッフに電話を代わってもらい
事実確認をする。
学校のスタッフは、どれだけ学校がこの倒産で
被害を受けたかを主張しながら、彼女が
学費を払わない限り学校を始めることはできないと
語った。
その後の一言に私はカチンと来た。
「彼女の両親に学費の送金をお願いするように伝えて、
金額は$XXXXドルで今請求書を彼女へ渡すから」

ありえない。
よくもこんな状況で、今学費を払えと言えるか。
しかも親に送金頼めって・・

私は爆発しそうな怒りを抑えながら
彼女にはとりあえずオフィスへ来るように伝えた。
そしたら彼女はもう1人女の子を連れてきた。
その女の子は既に2ヶ月も通い続けていたが
学費が支払われていないのでこれ以上学校へ
来るなと言われたサクシーオのお客さんだという。

NZ大好きでは、
通常私達へ支払いしていただいた日か
翌営業日には学校へ支払いを終え、
学校から領収証を発行してもらいそれを
お客様へお渡ししていて、それが当然の事だと
思っていたので
学校が始まってるのに学費が支払われていなかったという
事実に唖然とした。

会員さんの殆どが
学費等はずっと前に支払い終えていて
それも執拗に支払いを迫られていたとか

とにかく初耳な事ばかりだったが
それを知ったところでお金が戻ってくる
わけでもない。

今私がすべきことは
目の前で困っている会員さんを
何とか救ってあげることなのだ。

結果、彼女達を破格の学費で
3ヶ月間受け入れてくれた
学校があった。
トライアルを経て気に入った2人は
学校生活復帰を果たした。

この事件のお陰で色々学んだ事がある。
その中でも、学校の質をうかがい知る事が
できたのは大きい。

既に申込を受けたサクシーオの
会員さんには無料で授業を提供する事にした
学校もあれば、一切しない学校もあった。
一切しない学校=悪い学校とは言えないが
例え結果がそうであったとしても
何とかしようと努力をしてくれたか
そうでないかで、一段と変わってくる。
努力がみられなかった学校は
もし自分の学校の生徒に問題が起こっても
誠心誠意を持って対応はしてくれないであろう。

そして残った大きな課題。
今回の事件で私のボスが取った行動全てが
誠実でカツ人道的で、
私には消して真似出来ない事であり
改めて、尊敬すると共に
私はそんなボスの下で働けて
幸せだと思った。

先週はいきなり
ケシテ上手いとも
面白いとも言えない
マンガを書き始め
あまりのショックに
オカシクなってしまったかと
若干心配になったが(笑)

とにかく、会社の利益に
貢献できるよう
何とか無い頭を使って
頑張らなくてはならないと
思った。
それが今私が抱える
大きな課題である。

そして嬉しかったこと。
それは心配して連絡をくれたお客様達。
頂いた励ましの言葉は
とても感動的で涙を流しながら
何度も読み返しました。

2010-06-27

スキャンダル

今月初旬、過去数年にわたる各大臣の出費詳細が公開され、
数名のMPがポルノ映画やジェットのチャーター、
エステ代、ワイン、衣類、キッチンウエアなど
プライベート費用を国の経費で支払っていたことが判り、
問題になっている。 

公開レポートの中で元ヘレンクラーク首相が
洪水に見舞われたベイオブへ訪問した際に購入した
20ドルのブーツまで載っていたのにはびっくりしたが、
ここまで管理体制がしっかりしていると、
さすがNZはクリーンな政治やってるなーと感心する、
つーか当たり前か。

一方、日本なんか多くの官僚や市議会議員までもが
キャバレーの接待費、温泉旅行、ゴルフなど、
プライベートな行事にじゃんじゃん税金を使い、
今となっては当たり前というか、不正が明るみになる度、
「またか」と国民は無反応。 

金額が桁違い過ぎてなんだか人事のようにさえ
感じてしまうのだろうか。

最近では新内閣で国家戦略相に就任した荒井聰議員の
後援会より政治資金収支報告書が公表され、
その中に女性衣服、少女マンガ等を購入したレシートが
含まれていたことから「キャミソール大臣」なんて
あだ名がつけられちゃって、キャーキモイィィ
なんだの言われちゃってるけど、
そこなんだ・・注目するとこ。

更に管総理大臣に隠し子疑惑が浮上、
こういったゴシップネタには世間は
何故かすぐ反応する。 

相手はキャバレーの韓国人ホステスであるとか、
責任問題云々わーわー騒いでるけど、
隠し子ぐらいいいじゃないか、何かアナタに迷惑かけてますか?

もし国のイメージダウンに繋がるというのなら、
もうタダでさえころころ総理大臣が代わってる日本は
既に信用なくなっちゃってるからご安心を。

今月初めの “the economist”って雑誌で
日本やばいぞって記事が日の丸から赤い丸が落下していく
風刺画と共に取り上げられてる。
その記事タイトルは、“Leaderless Japan”。 
世界のトップを選んでいる日本国民もどんだけアホか、って
笑われていると思うと恥ずかしい。

まー、日本に住んでる一般ピーポーは
世界から嘲笑されてることすら気がつけないだろうから、
ある意味幸せだとおもうが、 
それにしても首相が就任した直後に
スキャンダル問題を取り上げて自分の国を
混乱ちゃう民族って日本人くらいじゃないの?

なんとなくNZの永住権獲っちゃったバニーだけど、
ほんとNZの永住権獲っておいて良かったと思う。 

うちの両親は今の官僚と同世代だから、
官僚達が都合の良い様に法律が作り上げられている以上、
順風満帆な生活を日本で送れるし、
かわいい一人娘がNZに住んでいる以上、
これからの日本を心配する必要なんか無い。 
ある意味あたしは親孝行してるってわけだ。
あはははは

2010-05-27

調査捕鯨妨害事件初公判27日

2月に日本の監視船「第二昭南丸」に侵入し、
艦船侵入、傷害、威力業務妨害、銃刀法違反、
器物損壊をした容疑で東京拘置所に勾留されている
アディギル号のPETE船長の初公判が今日27日行われる。
95%の確率で15年の実刑は免れないという。

ニュージーランド国内ではメディアはおろか、
スーパーの入り口付近でも団体がやんややんや騒いでいて、
正直いつ公共の場で罵られ、
卵ぶつけられないか気が気ではない。

ただ、ここまで大きな問題に発展し、
鯨問題が日本のメディアで大きく取上げられたお陰?で、
一般ピーポーの関心を引くことになり
ネットで検索すると様々な情報を得られるのは有り難いが
同時に一体全体何が真実なのか混乱してくる程で
改めて情報社会の怖さを感じる。

でも、色々情報を知っていくと
シーシェパード(SS)はもしや
環境や生態を守る正義という名の下に
協力活動する一般ピーポーを
巧みに利用し、利益を得ている
どこかの宗教のような団体ではないか疑惑が
私の中でウズウズとワいてくる。

真実かどうかは定かではないが
ネット情報によれば
シーシェパードは多くの寄付金をもらっているのに
PETE船長はほぼボランティアで活動で
NZにいる家族の生計は妻であるSharynさんが
支えているらしい。

更にネットの掲示板では
SS代表の愛人とまで言われてしまってる
通称「マリコさん」の存在。
元教師だった彼女は通訳として抗議船に乗り込み
活動をしているそうだ。
彼女がSSに加入した経緯は不明だが、多分
純粋に鯨を救いたい!という気持ちで
入ったのがきっかけでその後
完璧に洗脳されて、PETE船長が
捕鯨船に乗り込んだことは
「ヤムを得ない行動」と
コメントしているほど。

私からみたら
PETE船長もマリコさんも
犠牲者。でも彼等は自分達は
正義の為に戦う勇敢な戦士と
思ってる。
ここまでくると、
自分が満足なら人があれこれ
言うことではないし、
いっそのこと、犠牲者だと
気が付かないまま
生き続けてもらいたい、と
思うしかない。

後で気がついて
後悔先に立たずのパターンは
最悪だ。

かれこれ15年も不倫している
バニーの大切な親友。
昔からモテモテの美人で性格も良いのに
どーしてパタリロ顔のチャラくて
評判悪い男に騙されるのか
知った当初は真剣に友達として
悩み、数年は早く別れろとギャーギャー
私も言ったものだが、もう諦めて
自分で気が付くまで
そっと見守ることにした。

離婚するなんて口で言っておきながら
交際中に奥さん妊娠したり
奥さんに不倫がばれた時の
パタリロの発言云々・・

別れるきっかけは沢山あったのに
行動に移さなかったのは
パタリロの上手い口車に
乗せられていたからだ。

やっと最近になって
気が付いた?(ほんとか?)ものの、
切っても切れない関係と化してしまった。
人生の勉強をしたな、と言えるような
歳でもない、これからどうするのか。

とにかく彼女は素直で良い子。
そう、素直で良い子は洗脳されやすく
騙されやすいのだ。

きっと素直なマリコさんも
益々SSに洗脳され
ナイフもって捕鯨船に
乗り込む日も近いのでは?
というか逆に乗り込んでいただきたい。
そしたら日本人全員が極悪人だー、という
世間のイメージは軽減されるはずだから。

2010-05-20

不動産投資(オークランドシティアパート編)

私の記憶が正しければ
2000年のアメリカンズカップ以降
オークランド市内中心部(CBD)に
アパートメントが一斉に
建ち並び、お値段も手頃な
STUDIOや1ベッドルームを
購入した投資家も多かった。
中心部には大学、ポリテクも多いので
海外留学生の需要も多いと見込んだ上の
ことだと思う。

しかし、その後急激に襲った
世界不況、鳥豚インフル等の影響で
留学生が激減。

更に、小規模のAPT購入者は
銀行から融資を得るのに最低35%のデポジットが
必要になった。 その為投資家の目は
20%のデポジットで
借りれる郊外土地付一軒家へと
移っていく。

現在において
CBDのAPT所有者の60%が
投資家のものだそうだが、
街のAPTをみると、窓にリースの表示が
多く張られているし、
NZダイスキの掲示板にも
CBDAPTが、フラットメイト
募集している記事を最近よく見かけるので
APTの持ち主って一時より随分と
大変なんだろーなーと思う。

一方、不動産会社のサイトをみてみると、
CBDの人口が10年前から比べて2倍も増え、
今やCBDで働く人が約8万人。
ぐいぐい人口が伸びてるから
アパート借りたい人も当然沢山いる。
けれども供給が少ないから、今がAPT買い時なんだよ~
と訴えている。

確かに統計数字だけみると人口は増えているものの
住宅着工数も比例して上昇しているわけではないこと位
わかるから、確かに不動産屋の言い分に間違えではなさそうで、
値段も手ごろだし、じゃぁアパート買ってみちゃおうか?
って気にもなるかもしれない。

ただ、最近は人々は皆お金が無いなりに知恵をつけ、
通常2人で住むべき家に4,5人で住んでみたりと、
大人数で家賃を割って安く済ませるだけではなく、
みんなある程度のプライベートは守りたいから
リビングルームにカーテンで仕切りを作るなどして
エクストラでベッドルームを作るなどして
快適さも追求していっている。

これはCBDの狭いアパートでは到底無理なので
中心部周辺の一軒家で結構行われている。
そんな現状を知るとやはりアパート購入のリスクは高い。

更に本日の予算案で
投資家は今後減価償却のクレームが
できなくなった。
つまり、これまで住宅投資で年間5万ドル儲けていた人は
減価償却額を差し引いた残額に対して税金を
払っていたのが、今後は5万ドルに対して課税されることになる。

えー、じゃぁNZは不動産投資の魅力ないじゃん!!!
って思うかもしれないけど、
NZには不動産投資のおいしぃシステムがある。
その話はまた次回のお楽しみに。

でもさー今の日本みてみなよ。
国土交通省が4月30日に発表した
昨年の新設住宅着工戸数。 前年度に比べ下げ幅は
25.4%。45年ぶりの80万戸割り込みだそう。
マンションなんて約60%と過去最大の下げ幅だそうだ。
空室ばかりで価格も下がる一方だって。
人々はお金ないからアパート引き払って
親元で暮らし、実家から通勤するスタイルに
なってきているのだとか。
プロフィールプロフィールプロフィール

Author:ミスバニー
ニュージーダイスキドットコム
オークランドオフィスで
働くバニーが繰り広げる情報ブログ。
ワーホリさん、学生さん、投資家さん、
移住を目指しているファミリーさん
みなさんに為になる情報を主に発信していきます。
時には愚痴も聞いてくださいね♪

最新記事最新記事最新記事
最新コメント最新コメント最新コメント
最新トラックバック最新トラックバック最新トラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリカテゴリカテゴリ
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>バニーのTwitter<%plugin_first_title>
    follow me on Twitter
    <%plugin_first_title>FC2カウンター<%plugin_first_title>

    FC2Ad

    Powered by FC2 Blog

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。